国債とは何か?基礎から国債を知る

国債の種類とメリット・デメリット

個人向け国債とは

国債の中で「個人向け国債」と言われる商品は、個人の投資家しか購入できない人気の国債です。会社や団体などが買う事は出来ません。種類は3種類あり、発行時に決まった利率が満期まで適用される固定金利タイプの「個人向け利付国債・固定3年」と「個人向け利付国債・固定5年」、半年ごとに利率が見直される変動金利タイプの「個人向け利付国債・変動10年」があり、毎月募集・発行されます。財務省のホームページや証券会社・銀行のホームページから今後の募集日や発行日を確認することができます。

「個人向け国債」は個人が買いやすいように、いろいろと工夫されています。例えば通常の利付国債が5万円からの購入なのに対して、1万円から1万円単位で購入できます。上限はありません。一般の国債は、満期が来る前に売ることができますが、「個人向け国債」は発行から1年たたなければ一部または全部を換金することができせん。解約の際にはペナルティーとして過去2回分の金利が差し引かれます。これは「中途換金調整額」といわれます。しかし災害救助法の適用対象となった大規模な自然災害により被害を受けた場合、又は保有者本人が亡くなった場合には、この期間にかかわらず換金できます。

「個人向け国債」は銀行預金のように預金保険制度の対象ではありません。ただし政府がその元本・利息ともに保証している安全性の高い商品です。このことを利用して、銀行の定期預金をペイ・オフ内に収めておき、それ以上は個人向け国債を買っておく、という利用の仕方は賢いかも知れません。

Copyright © 2014 国債とは何か?基礎から国債を知る All Rights Reserved.